相生学院高等学校駅伝部

活動内容


目標
■個人
  大学、実業団、プロランナー等の様々な方法で、
  競技継続を前提に5000m中心に各種目取り組む。

  タイム向上、高校総体や選手権などで上位
  大会進出、トップを目指す。
  
  学業は特に興味がある分野の力を伸ばしつつ、
  選手自らが積極的に取り組む。


■チームとして
  駅伝への取り組みは適材適所を方針とし、
  個人のトラックをトレーニング目標のメインに据える。

  駅伝は個人の適性に応じた目標、区間配置を心がけ、
  各種経験を積んでいく。

活動について

■進路目標に応じて必要な勉強を積極的に進めていく。

■競技の継続並びに生涯スポーツに繋がる基礎作りの為、
  健康や 安全安心な取り組み、適切な知識
 (休養、トレーニング、心構え、食事や生活など)や
  技術を学ぶ。
 
■地域のランナーや他チームとの合同練習、競技と勉強の両立、
  地域に根付いた活動を行う。


年間計画

■春 主にトラックレース(1500m,3000m,5000m)
    走力ありグループ・3年生→5000m中心に
    高校総体、県選手権など出場
 
    2年生以下、走力途上
    →ユース選手権出場、スピード養成、記録会

    ・高校総体、ユース選手権、県選手権など
     基本5000mに出場
     その他の選手→記録会等

■夏 スピード・基礎養成
    クロカン走、涼しい場所や時間帯を選んで練習など

■秋冬 記録会重視、高校駅伝、新人駅伝等参加
      3年生引退無しで1-3月は大学等への練習移行